京都・亀岡<千枚漬・すぐき>京漬物のお取り寄せ
スパイス・ハーブを使った漬物開発プロジェクト その1。京漬物の亀蔵はお土産に最適な品々をご用意しています。
京都のお取り寄せお電話でのご注文・お問合せはこちらFAX注文用紙ダウンロード
京漬物セット商品
 
 
〒621-0035
京都府亀岡市佐伯源の坊22-5
 TEL:0771-21-8730
 FAX:0771-21-8733
営業時間: 9:00〜17:00

工場でお漬物販売行っています

スパイス・ハーブを使った漬物開発プロジェクト

 
スパイス・ハーブを使った漬物開発プロジェクト
スパイス・ハーブを使った漬物開発プロジェクト その−3

亀蔵では現在、スパイスやハーブを使用した漬物を開発していますが、新しい商品が完成しました。
こちらです!
  お漬物開発

   ◆ 亀蔵の代名詞といえば、なかなか他にはないトマトの漬物!
 
今でも若い女性に人気の商品なのですが、スパイスやハーブを使った漬物としてアレンジするために、かなり試行錯誤しました。

タイム、レモングラス、フレッシュコリアンダーから、フレッシュグリーンチリ、 ドライオレガノ、ブラックペパー、ピンクペパー、ライム、ニンニクまで、 様々なスパイス・ハーブの組み合わせを試しましたが、
なかなか合うものが見つからず・・・。

しかし、答えは意外なところにありました。

トマトのイメージ
区切り線
 

正解はジンジャー。

ジンジャーと聞くと、「ん? なに?」と思うかもしれませんが、分かりやすく言うと「生姜」です。
日本ではお寿司の時の「ガリ」として、漬物としてもおなじみの食材なのですが、これがトマトとの相性が抜群でした!


生姜のイメージ写真
  日本でも知られているこの生姜ですが、スパイスの本場インドでも、 紀元前から栽培されていたと言われていて、1世紀頃のインドの料理書にも 載っているそうです。
千年ほど前のヨーロッパでは貴族しか食べることができない貴重なスパイスで、 胡椒と共に珍重されていたそうです。
区切り線
 

しかし、いざジンジャーを使用すると決まっても、「切り方」「大きさ」「量」など、様々なパターンを試さないといけません。これがまた大変な作業。
作っては試食の繰り返し、で製造責任者も営業担当者も色んなパターンのものを食べまくりましたが・・・。最終的にジンジャーをどのような形で入れるのかも決定し、甘酢も生姜の風味に負けないようにアレンジして、ようやく商品化できそうなレベルのものが完成しました!




ライン
1ページ  2ページ  3ページ  4ページ



 
 
copyright (C) 京都漬物のかめくら All rights reserved. by seo